大きい顔は小さくしちゃおう!小顔矯正の凄さ

小顔矯正の方法

顔に触れる女性

小顔になりたい方の中で、どこで施術を受けたらいいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。小顔矯正は、美容外科などでも簡単に行う事が出来ます。特に、ボトックス注射やアゴ形成は人気の施術です。

詳しく見る

メスを使わない施術

看護師

小顔矯正を行う際、費用は気になってしまうものですよね。特に、メスを使う大掛かりな施術は気が引けてしまうかもしれませんが、メスを使わないのに確実に小顔になれる施術はいくつか存在しています。

詳しく見る

美容外科の選び方

女性

小顔になりたいと思っても、なかなか手術に踏み出せない方も多いのでは。しかし、不安を取りのぞく事で安心して小顔矯正の施術を受ける事ができますよ。まずは、美容外科選びをしっかりと行いましょう。

詳しく見る

知っておきたい事

医者と看護師

小顔矯正の施術を行う前に知っておいた方がいい情報はいくつかあります。それが施術の実際の流れやアフターケアの大事さです。特に、施術後のアフターケアはより大事なものです。せっかく手に入れた小顔はちゃんと自分で守りましょう。

詳しく見る

小顔矯正に行こう

女医

写真を見た際などに、自分が回りの人よりも顔が大きく見えてしまったなんて事、無いですか?顔の大きさというのは、とても大きい悩みになりうる問題です。一度顔が大きいかもと思い始めたら、仲間と写真を撮ることはもちろん、その他の事も楽しめなくなってしまうものですよね。しかし、大きい顔も手術で簡単に小顔に出来る事を知っていますか?小顔矯正の中には、メスなどを使わない小顔矯正もあるので、より気軽に小顔を目指す事が出来るのです。しかし、なぜ顔は大きくなってしまうのでしょうか。まずは、その原因をしっかり探りましょう。
顔が大きくなってしまう原因は、いくつかあります。まず、生まれつきおでこが広い方やエラが張っている方は顔が大きい傾向があります。実はそもそもの頭蓋骨の大きさはそれほど変わらないと言われています。3mm程度しか変わらないというのです。もし、頭蓋骨が大きい場合は、身体ががっしりしていたり、長身であるという傾向もあるようです。その場合、全身でのバランスが取れているので、あまり気にしなくても良さそうですね。また、日本人は欧米人に比べて顔が平坦で大きく見えやすいのです。最近は食や生活習慣の欧米化が進んで、顔が小さくなってきています。また、こういった先天的な理由だけでなく、顔に余計な脂肪が付いてしまった結果、脂肪により顔が大きく見えてしまうということも考えられます。身体はあまり太っていなくても丸顔の人は顔に脂肪が付きやすく、大きく見えやすいという傾向があります。この場合は、脂肪を取る施術が必要です。2つ目の原因はアルコールや水分のとりすぎにより浮腫みです。これはお酒を飲み過ぎないことを注意すればいいですし、大きく見えたとしても一時的なものです。しかし、顔のむくみが中々改善しない時には、甲状腺の病気や肝臓の病気も考えられるので、むくみが改善しない時には一度受診してみましょう。また、エラの部分についている咬筋が発達してしまう事により大きく見える、など顔が大きくなってしまうということもあります。歯ぎしりをしていたり、噛みしめる癖がある人は要注意です。噛みしめる癖があることで、顔に筋肉がついてしまい、顔が大きく見えるのです。エラの部分を触ってみて、堅い筋肉だと感じる時にはこの可能性を考えましょう。この場合は、美容整形外科のボトックスがかなり効果的と言われています。このように、顔には色々な悩みがあるかと思いますが、これらはすべて小顔矯正で解決することももちろんできます。小顔矯正は様々な場所で受ける事が出来ますが、美容外科などが人気の小顔矯正出来る場所です。どのような悩みがあるのかをカウンセリングで聞いてくれるので、まずは悩みを相談しにいってみるのはどうでしょうか。

Copyright© 2019 大きい顔は小さくしちゃおう!小顔矯正の凄さ All Rights Reserved.